2010年03月25日

着物の模様の由来は?

帯と同じように、きものの模様にも意味があり、由来があります。

様々な模様を楽しむことができますが、意味を知っていると
また一味違ったきものの楽しみ方ができるのではないでしょうか。

では、気になる由来を、一部ご紹介しますね。

麻の葉文麻の葉文
6角形を基本にした模様で、この場合たくさん繋いでいるので「麻の葉繋ぎ」といいます。
形が麻の葉に似ているらしいところから、この名がつきました。
着物、浴衣、長襦袢や小物にも使われ、麻が丈夫で成長の早いことから、子供の産着としても好んで用いられました。

矢絣次は、よく見かける矢絣です。
波文の一種で、同心円を互いに重ねて波を表現しています。
古墳時代の人物埴輪の衣服にも使われている古い文様で、能や舞楽の装束、小袖(室町頃の袖の小さな着物)などの模様に用いられてきました。
現代はきものの染模様や地紋などに広く使われています。

よく見かける、昔ながらの模様も楽しいものですが、
近年では、身近なものをモチーフとしたきものや、かの有名な世界的コメディアンである、チャーリー・チャップリンをモチーフにしたものなど、ユニークかつ上品なきものが多く見られるようになってきました。

きものおおにしでは、昔ながらのきものから、ユニークで上品なきものをたくさん取り揃えております。
一度、遊びにいらしてみませんか?