催し・イベントのご案内
2010年06月14日

第4回 呉服の日 “きもの de ランチ”

と き : 平成22年5月29日(土)
ところ : ホテルニューオータニ大阪
       ニューヨークスワン

天候不順が続いた今年の春。
でも、この日は朝から雲一つない爽やかな「きもの日和」となりました。

今回は、ゲストにアメリカ ミシガン州生まれの
能楽・能面師 小鴨 梨辺華(おがも りべっか)氏
 * 能楽金剛流 師範免状取得
 * 外国人として初めて能楽協会入会
をお招きしました。

一見無表情に見える能面。
私たち日本人でさえ、とっつきにくいお能の世界。

しかし、ご自身が製作された数々の能面を披露しながら、とても流暢な日本語で
わかりやすくお話下さいました。

   「能面は無表情に見えるけれど、角度を変えることで表情が変わる。
    能面の表情が変わるように見えるのは、そこに鑑賞者の想像が関与するから。
    想像力には限界がなく、そこが能の奥深さ、おもしろさ。」 だと。

演目、あるいは 役柄によっては面の裏側に布がはり付けてあるそうです。
何故でしょう?

それは、演者の涙を始末する為だそうです。
演者は淡々と舞っておられるものとばかり思っていたのに、そこまで感情移入されて
いることに驚きました。
舞っておられる時の裏話やエピソード等も聞かせて頂き、一歩お能の世界に近づけた
ように思います。

お話の後は、美味しいフレンチのコース料理とテーブル毎の楽しいおしゃべりに
花が咲き、お腹と心が満たされた後は「頭の体操」。

全員参加で深層心理ゲーム。 自分の事だけでなく、他人の事にまで「大当たり!!」と
大いに盛り上がり、最後は、恒例の「ミニきものショー」とステキなプレゼントが当たる
抽選会。
お一人ずつステージに上がって頂き、お衣装の紹介。
皆さん それぞれ個性を生かした素敵なお召し物でした。

来年の「呉服の日」も楽しみにしています。